青木マリduo+(ゲスト:柴田奈穂)2016.2.26

2017年5月24日水曜日

5/19「A Gift from Somebody vol.13」ゲスト:ロケット・マツ、終了しました。ありがとうございました!

(数日経ちました。終わった翌日は、充実したライブの余韻と、終わってしまったちょっとした寂しさの両方で、一日ぼんやりとしていたのです。)

5月19日、阿佐ヶ谷イエローヴィジョンにて、青木マリduo+「A Gift from Somebody vol.13」ゲスト:ロケット・マツの巻、無事に終了いたしました。
ライブのまとめ、ご報告です。



そもそもこの企画、憧れのミュージシャンにダメ元で当たって砕けろでライブ出演のお願いをして、私のオリジナルばかりを十何曲も演奏していただく無茶な企画でありまして、ライブに漕ぎ着けるまでアレヤコレヤと積み上げてようよう当日を迎える、自分たちにとっては修行のようなライブシリーズなのです。

今回13回めとなりましたが、複数回ご出場の方もあり、ロケット・マツさんは丁度10人目のゲスト。これまでゲストの方々から沢山のGIFTをいただいてきました。
それは、人生をかけて積み上げてきた音楽のエッセンスそのもの。
その方だけの、音楽。
素晴らしい、恵みの雨です。

全くぶっつけ本番の方、ある程度音源を聴き込んで来る方、色々ですが、マツさんは、かなり曲を聴き込んでくださって、尚且つ事前スタジオリハーサルもご希望されました。
日程の都合で5/14ひかりのうま青木マリduoのライブの日の昼間にやることとなり、その流れで「ライブも観といていいですか?」とマツさん。
スタジオでは不用意にフレーズを弾くことは無く、まずは耳を澄ましてコードに表されにくい微妙な和音、音の並びをチェック。私の歌の呼吸を直に感じて合わせる作業が中心で、表面的でなく、私の音楽の芯を探るようなリハ。それでもマツさんの音の繊細さや情熱が伝わる充実の時間で、本番がとにかく楽しみになりました。
マツさんはその後の私達のライブもじっくり聴いて、ものすごく理解を深めてくださっている様子でした。にしても、目の前にマツさんが見えていたので、妙に緊張してしまいましたが、、。

そんなこんなで5/19のライブ当日を迎えました。
お客さんの入りはどうだろ。年下とか無名とか関係なく、ミュージシャンの常であり、性として真剣に取り組んでくださるマツさん。お客さんが少なかったら申し訳がたたない~。
そんな不安も企画にはつきものです。

折しも、ライブとは直接関係は無いけど、「テロ当準備罪法案」衆院委員会通過した日と重なって、国会もチラチラ気になって、中継、ツイキャスなど見ては(わかってても)愕然としてがっくりきてしまう。本当に大嘘つきか、自分の保身しか興味が無いか、本当に頭が悪いかのうちのどれかだよね、としか思えない大臣の答弁、権力持ってる人たちの無残な姿、気持ちがどーんと落ち込みましたが、気持ちを切り替えてイエローヴィジョンへ。

マツさん到着後スタジオでやらなかった曲をササッとチェックして、余裕を持って本番へ。「僕、よくおもちゃなんかを使うんですけど、いいですか?」とマツさん。
「はい、もちろん!」

電子ピアノ、その上にピアニカ、そしてアコーディオンのほかに、細々と並べられた赤ちゃんの玩具、などなど。
どんな演奏になるのでしょう。本番前はいつもドキドキします。

本番前にこっそり撮影!

私のライブ常連のお客様、初めていらした方、程よく場内に人が入り、ライブが始まりました。

その、演奏は、、。



私の拙い筆力で描くのがためらわれるような、素敵なライブだったのではないでしょうか。
マツさんの、音楽に対するイメージ、理想の高さ、でも、持ち前の得も言われぬ柔らかさ。
決して、決して、でしゃばりすぎること無く、その曲のイメージを大切にするフレーズ。
「歌」というものの肝を理解し尽して居る、歌に寄り添い、共に泣き、笑ったり叫んだり、音楽の内側から音を出すような。

そんな一音一音に感応して、心を震わせ奮わせ、歌っていたように思います。
歌を歌っていて良かった、と思えるライブでした。




お客様からも、「天上にすくい上げてもらう様だった」「なぜかドキドキした」
などなど、とても嬉しいご感想頂きました。
「ロケット・マツの名前の理由がわかった」なんて意見も。
そう、繊細さばかりではなく、上がるときはどこまでも上がるんですよ!実際に飛んでるし!
duoのベース、こばちゃんも大いに感激してたようです。
マツさんからは生ピアノでもやってみたい、との事、わ~ぜひぜひやりたいです。

これからの世の中、どんなふうに世界が変わっていくのかわかりませんが、音楽を、歌うことを決して手放したくない、と思った一夜でした。
歌声は私自身、歌うことは私の心の自由そのものだからです。

ひとつでも多くの自由を、そこら辺にポンっと、解き放っておきたい。
そう思っています。

ステージを降りたマツさんは、とても優しく、こんなことを言っては失礼なのですが、実に可愛らしい方なのです。マツさんの奥様のたまきさん、友達のトモちゃん、マツさんをいじり倒して大爆笑の打ち上げでした。

歌って、飲んで、言いたいこと言って大笑いするような夜がうしなわれませんように!

マツさん、お世話になった皆さま、ご来場のお客様、すてきなひと時を本当にありがとうございました!

上3枚・撮影 by トモちゃん

5月19日
阿佐ヶ谷イエローヴィジョン
青木マリduo+「A Gift from Somebody vol.13」
ゲスト:ロケット・マツ
<青木マリvo, g, 小林洋b, ロケット・マツp, acc, key harmonica,etc.>

セットリスト

第一部

Dance
メロディ
ヤイサマ
ナディアの恋人
ビューティフル・ボーイ
ハレルヤ

第二部

Woman
見えているのに
泣かないで
あかいヤカン
できるから
エスペランサ
うた

(アンコール)

ジャスミン


次回の「A Gift From Somebody vol.14」は、
7/21金、阿佐ヶ谷イエローヴィジョンにて。
ゲストはご存知、柴田エミp. 福島紀明ds. のバンドセットをワンマンでお届けします。

野に住むケモノのように奔放で生きてる音のバンドセッションです。お楽しみに!





















2017年5月8日月曜日

草間彌生「わが永遠の魂」を観に行きました。

ゴールデンウィーク。昭和の日、憲法記念日、みどりの日、そして、こどもの日。
こうやって並べて文字で読むと、意味が繋がってるみたいに感じてしまうけれど。

さて、そんなGWも終盤、こどもの日に、子どもたちと一緒に国立新美術館へ、草間彌生「わが永遠の魂」展を観に行って来ました。
ただ単に私がどうしても観たかっただけですが、できれば子どもと一緒に観たかったという殆ど私のワガママに付き合ってもらった次第です。

想像通りの混雑で、オンラインでチケットを買っていって大正解。

中へ入るとすぐに「草間彌生から世界のみなさんへメッセージ」と書かれた一文が。
この文を読んだ時点で「ああ、来てよかった」といきなり思ってしまいました。
意味のわかりにくいモヤモヤとした言葉にさらされてばかりの昨今、こういう愛と信念と覚悟に満ちた真っ直ぐな言葉に飢えていたのかもしれない。

パッと明るくなった気持ちで展示室へ、最初に迎えてくれたのは横長の大きなオレンジの山(富士山?)と白い点の浮かぶ鮮やかな青空と微笑む太陽の絵。
すごい光っている。絵が光を放ってる!

「わ~」となって次の部屋へ、そこはタイトルになっている最新の連作「わが永遠の魂」の間。
広いスペースの壁一面に襖二枚以上のサイズの正方形の作品がタイルのようにみっちりと並べて展示されていました。
なんて鮮やかな!なんて大きくて豊かなんだ!

(このコーナーはなんと撮影okなので少し掲載)


正方形一枚が194✕194cmの大作が隙間なく並んでいます!
左上「心のすべて」
右上「死が訪れた瞬間」
左下「空の一隅」
右下「原爆の足跡」 

「しのびがたい愛の行方」「いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり」「死が訪れた瞬間」などなど、作品一枚一枚に詩の言葉のようなタイトルがつけられている、曇りのない色彩で繰り返される点、線、顔や花や目のような有機的なモチーフ。
迷いがない、迷わないという意思の清々しさと危うさ。叫ぶように訴えかけてくる。







まだまだいっぱい!


生老病死、喜怒哀楽、生きとし生けるもののすべてとそれを包む宇宙のすべてを祝福している、またそのすべての中にちっぽけだけど私も含まれていて同じように愛されている、そういう感動と、世界の平和、真の幸福を具現化する祈り、そうせざるを得ない精神そのために人生のすべてを掛けて孤独に戦い続けている作家への畏怖にも似た感覚が湧き起こり、目が開かれて心が熱くなりました。

「初恋」
実際は水色に赤です。

80才をとうに越えたひとりの人間、しかも女性が、これだけのエネルギーを発する作品を作り続けているという事実にも驚愕しました。あとで確認したところ、今回はこのシリーズの作品は130点展示されてるそうですが、実際は2009年~2016年までの7年間で500点あまりの作品数があるとのこと。本当に驚きです。

展示はこの最新のシリーズと、初期から近作の水玉までの回顧展の2部構成に分かれていて、作家の足跡も改めて知ることができ、全体としてとても興味深い、見ごたえのあるものでした。

子どもたちはどう思ったのかわかりませんが、「見た」ということだけは確か。
それでじゅうぶんです。

充実の図録を手に入れました。
時々眺めて草間彌生の「愛」を思い出したい。

展示は5月22日まで。六本木国立新美術館にて。
もしかしたらひとりでまた行っちゃうかも。


次回のライブは5月14日、新大久保ひかりのうま
青木マリduoです。よろしく。










2017年5月2日火曜日

2017.5月6月のライブスケジュールです

★5月3日(水・祝)西荻窪ぷあん
生音投げ銭LIVE
 ジャジャ岩城企画『ぷれーん ぷあちーうぃっと 西荻ぷあん』
open 18:00/start 19:00 過ぎ
投げ銭 (1drink・1foodお願いします)
青木マリsolo
FUCKER(谷ぐち順)
寝木裕和
ジャジャ岩城

北タイ料理のお店で生音生声投げ銭ライブです。耳も口も楽しんでください~。


★5月14日(日)大久保ひかりのうま
しんいち企画
open 18:30/start 19:00
2000円
青木マリduo
三浦雅也(夜のストレンジャーズ)
剣堂シュウジ(DISAGREE)

ちょっとロックな弾き語りの夜かな?
骨太な夜になりそう。めっちゃ楽しみです。遊びに来てください!


★5月19日(金)阿佐ヶ谷イエローヴィジョン
青木マリduo+ presents 
A Gift From Somebody vol.13 
ゲスト:ロケット・マツ(p.)
open19:30/start20:00
前売り・ご予約2000円 当日2500円 +ドリンク



ロケット・マツ  プロフィール
1956年12月 東京生まれ。
本名 永畑雅人と芸名 ロケット・マツの二つの名前で活動をしている。
1981年~1986年、ロックバンドTHE CONXで活動。
並行して様々な歌い手のレコーディングやライブをサポート。高田渡、友部正人、小山卓治、金子マリ&Mama、PANTA、尾上文、くじらドラゴンオーケストラ、大工哲弘、友川カズキ、福島泰樹、松永希 etc.…。
サポート活動と並行して、映画、演劇の作曲等を手掛ける。
1995年にパスカルズを結成、中心となり活動を続けている。

ご存知、ロケット・マツさんをゲストにお迎えいたします!
ほんとにきめ細やかで、そして多彩で、且つ、やっぱりロックで格好いいマツさんのフレーズを堪能したい!
自分の曲の、知らなかった側面に出会えそうです。ファーストセッションならではのとびきりの新鮮さを、みなさま、是非是非お聴き逃し無く!



★6月9日(金)高円寺稲生座  20:00
「Coz We Need Music vol.4」
amber lumber(森永Judyアキラvo.g. 山本征史b.)
青木マリduo
スペシャルゲスト:柴田エミp.


★6月16日(金)江古田倶楽部 21:00
青木マリduo投げ銭ワンマン